ハチの被害にあっている人必見!おすすめのハチ駆除業者と口コミや評判を徹底比較!

ハチに刺されるとなぜ危険なの?危険性を正しく理解しよう

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/03/04


ハチは刺すから怖い、出会ったらパニックになってしまうという人も多いでしょう。刺される可能性がある虫は誰でも避けたいと思うはずですが、中でもとくにハチは身の危険を感じるかもしれません。刺されることで危険なハチ、でも何が危険なのかをご存知でしょうか?今回はハチの危険性について詳しく紹介しましょう。

ハチに刺されると人体にどんな影響があるのか

ハチが刺すのはお尻にある針、もともとは卵を産む際に使用する産卵管なのですが、刺すことで人に害を与えるハチの場合、卵を産むためではなく「武器」として針を使用しています。針なので刺されれば痛みを感じますが、ただ痛いだけでなくハチの体内で作られる化学物質を注入することで、さまざまな症状を引き起こすこともあります。

たとえば、痒くなったり赤くなるといった皮膚炎やじんましん、寒気を感じたり嘔吐などが起こったりもするようです。痛みやかゆみ程度で症状が軽ければ、刺された部分の毒を絞り出しながら流水で洗い、患部を冷やして抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏などを塗ります。

ただし、スズメバチに刺された場合は病院で診察・治療を受けるようにし、スズメバチ以外のアシナガバチやミツバチでもじんましんなどが現れたら病院で治療を受けるようにしてください。

ハチに一度刺されたら二度目はもっと怖い?

ハチは最初に刺されたときよりも、再び刺されたときに症状が重くなるといわれています。これはハチによるアレルギー「アナフィラキシー」を発症しやすくなるからです。ハチが持っている毒に対しアレルギーがなければ、刺されてもその部分に軽い痛みやかゆみが起こったり、腫れたりする局所症状が出るだけです。

このような症状は数日程度で消失するのでそれほど心配はいりません。しかし、ハチの毒にアレルギーがある場合は、全身にじんましんが現れたり嘔吐や呼吸困難、浮腫などが起こるアナフィラキシーを引き起こったりします。一度目に刺されたときにハチの毒に対する抗体ができるため、一度目は軽い症状だったとしても、二度目以降に刺された時に全身症状が引き起こされてしまうのです。ハチに刺されたことでもっとも深刻なのは、強いアレルギー反応が起こることです。

強いアレルギー反応は「アナフィラキシーショック」と呼ばれていますが、これが起こると命を落とすこともあるので注意が必要となります。また、初めてハチに刺された場合でもアナフィラキシーショックを起こすことがあるので、二度目ではないから大丈夫だとは思わずに、異変があったらすぐに病院で診察を受けるようにしてください。

アナフィラキシーショックとは

ハチによるアレルギーは毒を持つハチに刺されたことで起こりますが、ハチが持つ毒にはアレルギー反応を引き起こす成分・アレルゲンやヒスタミンが含まれており、これが皮膚炎や嘔吐、寒気などの症状を引き起こします。

そして、現れる症状の中でもっとも重症なのがアナフィラキシーショックです。アナフィラキシーショックは、ハチだけでなくムカデやアリなどの虫刺されや、食べ物や抗生物質、天然ゴム製品の使用などが原因で起こることがあります。

アナフィラキシーショックの症状は?

ハチに刺されたことによるアナフィラキシーショックとは、具体的にどのような症状が起こるのでしょうか。それほど重症ではないアレルギー症状(アナフィラキシー)の場合、じんましんや浮腫、嘔吐、呼吸困難などが見られますが、アナフィラキシーショックの場合は意識障害や血圧低下などが見られ、命に危険がおよぶ恐れがあります。

アナフィラキシーショックの症状が出ると、心停止までの時間が15分程度だといわれているため、発症したら速やかに医療機関で治療を受けることが必要になります。

アナフィラキシーを起こしやすいハチは?

刺されるとアナフィラキシーショックの症状を起こしやすいのは、スズメバチとアシナガバチです。スズメバチは毎年夏から秋にかけて被害に遭う人が多いのですが、この時期はとくに攻撃してくることが多いので、巣に近づくのは大変危険です。また、アシナガバチはスズメバチほど大きくなく、一見か弱そうに見えるハチですがこちらも巣を守るために攻撃してくるので注意が必要となります。

夏場は要注意!ハチの被害に遭わないために対策しよう

ハチの被害は、夏から秋にかけてもっとも多くなります。これは、ハチが巣を大きくしている時期であり、この巣を守るために攻撃的になっていることが原因です。そのため、被害に遭わないためにはハチの巣に近づかないことが一番なのですが、うっかり気がつかず近寄ってしまうこともあるでしょう、スズメバチの場合、敵と認識した人や動物が巣に近寄るとまず1~3匹程度の働きバチがまとわりついてきます。

このとき、手や物で払いのけようとすると攻撃してきたとみなされ、働きバチが警戒フェロモンを出すため興奮したハチが集まってきて激しく攻撃されてしまいます。それゆえ、このようにハチがまとわりついてきたときは払いのけたりせず、騒いだり走って逃げることも避け、静かに身を低くしてゆっくり後ずさりしてその場を離れましょう。また、ハチは黒い色をめがけて攻撃してくる習性があるので、白っぽい服装・帽子を身につけるようにしましょう。

 

ハチに刺されると痛いだけでなく、アレルギー反応によりショック症状を起こして死に至ることもあるので危険です。ハチの被害に遭わないための最善の対策は巣に近寄らないことですが、もしうっかり近づいてしまった時は慌てずに冷静に行動してください。刺されて症状が軽い場合もありますが、再び刺されるとアナフィラキシーショックを起こす恐れもあるため、充分に注意するようにしてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめハチ駆除業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名ハチバスターズ町のハチ駆除名人ハチお助け本舗ハチ110番みんなのハチ駆除屋さん
対応時間すべて自社対応だからリーズナブル!365日受付明朗会計で安心!見積り成約率90%以上の信頼駆除実績4万件以上!最短10分で駆除可能で安心年間210万件以上の駆除実績!24時間体制で受付中累計問い合わせ件数7万件以上!圧倒的な技術力
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく