ハチの被害にあっている人必見!おすすめのハチ駆除業者と口コミや評判を徹底比較!

賃貸アパートでハチの巣を見つけたらどうする?費用は誰が負担するの?

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/11/02


賃貸アパートでハチの巣を見つけて困っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、賃貸アパートでハチの巣を見つけた際の対処方法を紹介しています。また、入居者と管理者のどちらが費用を負担することになるのか、基準について解説しているので、賃貸アパートでハチの巣を見つけた方は、参考にしてください。

アパートでハチの巣を見つけたら

アパートでハチを見つけた場合は、専門業者にハチの駆除を頼む必要があります。基本的に、専門業者の手配は、管理者が行ってくれます。そのため、まずは、管理者に連絡をしてください。

万が一自分で対応をしないといけない場合は、市区町村にハチの巣の駆除について聞いて見ることがおすすめです。市の指定業者を利用すると、補助金が出ることや防護服を実施してくれる可能性があるからです。まずは、管理者に連絡を入れ、自分で対応しないといけない場合は、市区町村に聞いてみるといいでしょう。

駆除費用は誰が負担する?

集合住宅の管理者は、入居者が不便にならないような環境を管理する義務があります。そのため、エントランスホールや外廊下などの「共有部分」の場合は、管理者が駆除費用を出すことになるでしょう。しかし、ハチの巣が作られた場所が「専用部分」の場合は、入居者が駆除費用を出すことになります。このように駆除費用は、共有部分と専用部分のどちらにハチの巣が作られたのかが重要です。共有部分と専用部分について解説するので、ぜひ覚えておいてください。

共有部分

共有部分とは、エントランスホールや外廊下など、入居者全員が使う場所のことをいいます。全員が使う場所なため、駆除費用は、管理会社が負担してくれます。そのため、共有部分でハチの巣を見つけた場合は、必ず管理者に伝えるようにしてください。万が一勝手に駆除を依頼すると、費用を出してくれない場合があるので注意しましょう。

専用部分

専用部分とは、部屋やベランダなど、入居者のみが使える場所のことをいいます。契約書にもよりますが、基本的には、専用部分は入居者が管理しないといけない場所です。そのため、専用部分にハチの巣が作られた場合は、自分で費用を負担することになるでしょう。しかし、管理費や共益費を支払っている場合は、ハチの巣の駆除に対しても、管理者が駆除を行わないといけないことがあります。専用部分でハチの巣を見つけた場合は、契約書の管理も忘れないでください。

ハチの巣が作られないように予防することが大事

ハチの巣が作られると、時間とお金が掛かります。また、刺される危険があるため、事前に予防することが大切です。自分でできるハチの巣予防を紹介するので、参考にしてください。

フードや通気口に網を張る

フードや通気口は、ハチが好んで巣を作る場所です。そのため、網を張り、物理的に近づけなくするといいでしょう。しかし、アパートやマンションのような共有の建物は、管理者の許可が必要です。また、自宅の場合は、フードや通気口は高い場所にあるため、怪我をする恐れもあります。管理者の許可や安全に作業できる場合は、フードや通気子に網を張ってみてください。

ハチの駆除スプレーを使用する

ハチを近づけないためにも、ハチの駆除スプレーを使用することがおすすめです。ハチの駆除スプレーは、即効性があり、1ヶ月前後効果が持続します。また、スプレーの価格も安く、ホームセンターや市販で手に入ります。ハチが好む天候の影響を受けにくい場所や閉鎖空間に、スプレーをかけるといでしょう。

木酢液を使用する

木酢液とは、木材を乾かした際に発生する液体の上ずみ分のことをいいます。木酢液は、ハチが嫌いな焦げた臭いがするため、塗っておくだけでハチの巣予防の効果があります。木酢液は価格がスプレーよりも安く、市販で販売されています。そのため、コスパがよいハチの巣予防法を探している方におすすめです。しかし、ベランダなどに木酢液を塗ると、洋服に焦げた臭いがついてしまう恐れがあるので注意しましょう。

水を巻く

ハチは湿った場所を嫌う習性があるため、水を撒くだけでも予防につながります。そのため、乾燥している場所に水を撒くのも一つの方法です。しかし、天気がよい場合は、水を撒いても湿気を維持することは難しいでしょう。また、屋根裏などには水を撒けないため、他の予防に比べると効果は薄いです。すぐに実行できる予防方法を探している方にはおすすめです。

農薬を散布する

ハチの予防には、農薬の散布も効果的です。市販されているものであれば、ホームセンターで購入することが可能です。農薬の散布は幅広い害虫を駆除できるため、ハチ以外の害虫に困っている方にもおすすめです。しかし、正しく使用しないと危険があるため、使用する際は注意しましょう。

捕獲器を設置する

ハチの捕獲器は、ハチをおびき寄せる液体が詰まっており、中に入ってしまうとハチが出られなくなる作りになっています。ほかの予防策とは異なり、捕獲器を置いておくだけでよいので、とても簡単です。女王蜂を捕獲できれば、ハチの巣が作られる可能性が大きく下がるのもメリットでしょう。

しかし、捕獲器は、基本的にスズメバチをターゲットにしていることが多いです。そのため、ミツバチやアシナガバチには効果がない場合があります。また、捕獲器の中がいっぱいになってしまうと、ハチを捕獲できないことが考えられます。使用する際は、効果があるハチの種類を調べ、こまめに内容液を交換するようにしましょう。

 

ハチの巣を見つけた際は、管理者に連絡する必要があります。駆除費用に関しては、ハチの巣が「共有部分」にある場合は管理者が負担し「専用部分」にある場合は、入居者が負担することになるでしょう。ハチの巣は、業者に頼めば駆除できますが、事前に予防することが重要です。予防方法はいくつかあるので、自分に合った方法で予防するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめハチ駆除業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名ハチバスターズ町のハチ駆除名人ハチお助け本舗ハチ110番みんなのハチ駆除屋さん
対応時間すべて自社対応だからリーズナブル!365日受付明朗会計で安心!見積り成約率90%以上の信頼駆除実績4万件以上!最短10分で駆除可能で安心年間210万件以上の駆除実績!24時間体制で受付中累計問い合わせ件数7万件以上!圧倒的な技術力
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく