ハチの被害にあっている人必見!おすすめのハチ駆除業者と口コミや評判を徹底比較!

2回目以降は危険?ハチに刺されるたびに増えるリスクとは

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/10/03


ハチに刺されてしまい、腫れや痛みなどの症状が出てしまった経験がある人も多いでしょう。ハチ刺されによる症状と聞くと痛みをイメージしがちですが、複数回刺されるとアレルギー症状が出るケースもあるため注意が必要です。今回は、ハチ刺されによって痛みが出る原因やアレルギーの症状、刺される回数による違いなどを詳しく解説します。

ハチに刺されたらなぜ痛いのか

ハチ刺されによって起こる症状は、多くの場合、患部の痛みや痒みです。ここでは、ハチ刺されによってなぜ痛みが起こるのかと、ハチの種類によるハチ毒の成分の違いについて解説します。

ハチ毒の成分はスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチで異なる

ハチに刺されると、患部が腫れ上がり、痛みが出ます。これはハチ毒に含まれる成分が原因であり、刺された部分から毒が回ることによって痛みや痒み、腫れが引き起こされるのです。ハチ毒の成分はハチの種類によっても異なり、もっとも毒素が強いのはスズメバチとなります。

スズメバチ

スズメバチの持つハチ毒には、ヒスタミンやセロトニン、アセチルコリン、カテコールアミンなどが含まれます。これらは痛み、痒み、腫れを引き起こす性質を持つ成分です。

アシナガバチ

アシナガバチのハチ毒に含まれる痛みの成分は、ヒスタミン、セロトニン、ポリアミンなどです。

ミツバチ

ミツバチのハチ毒に含まれる痛みの成分には、ヒスタミン、ポリアミンなどが挙げられます。

なぜ2回以上刺されると危険なのか

ハチ毒は痛みや腫れを引き起こすだけでなく、アレルギー症状の元となるアレルゲンの1つでもあります。ハチ毒のアレルギーは、一度ハチに刺された人がもう一度刺された場合に起こるものです。以下では、ハチ毒によるアレルギーについて詳しく解説します。

ハチ毒によるアレルギーとは

「ハチ刺されは2回目以降が怖い」と聞いたことがある人も多いでしょう。ハチに刺されるとハリを通してハチ毒が体に回ることから、毒に対する抗体ができあがります。この抗体が原因となり、人によってはハチ毒アレルギーを患ってしまうことがあります。その場合、次ハチに刺された際には、ハチ毒で引き起こされる痛みや痒み以外にも、アナフィラキシーショックなどのアレルギー症状を発症しやすいです。

2回以上刺されるとどのような症状が起こる?

ハチ毒アレルギーは、体内に成分を取り込んでからアレルギー反応が起こるまでの時間が短いことで知られています。刺されるとすぐに皮膚の赤みや腫れが見られ、ひどい場合は全身の蕁麻疹、咳、喘息などの症状が起こります。

また、初めてハチに刺された場合は皮膚の腫れや痛みは1日程度で引くケースが多いですが、アレルギー反応による腫れは数日経っても治らず、症状が悪化していくことも少なくありません。アナフィラキシーショックが起こると、息苦しさ、下痢、嘔吐、呼吸困難、血圧低下などの症状が出現し、最悪の場合は心肺停止に至ることもあります。

複数回刺された場合には期間にも注意する

ハチ毒アレルギーによる症状は、初めてのハチ刺されと次のハチ刺されまでの期間が短いほど重篤化しやすいことが分かっています。ハチに刺されてから間もない人はもちろん、とくにアレルギー体質で不安がある人などは、ハチの多い場所を避けたり、服装などで対策を取ったりすることがおすすめです。

初めて刺された人も安心はできない

ここまで、ハチ毒によって起こるアレルギーは、1回目に刺された際に患い、次回以降のハチに刺された際に発症するという内容をご紹介しました。アナフィラキシーショックなどの全身症状は、人間の体の中にあるヒスタミンという物質が主な原因となって起こります。

しかし、先述の通り、ハチ毒に含まれる痛みの原因となる成分の中にはそのヒスタミンが含まれているのです。ハチ刺されによって取り込まれるハチ毒の量には差があるため、たとえ初めてハチに刺された人であっても、ハチ毒の成分が多く取り込まれてしまった場合には、アナフィラキシーショックに似た症状が起こる可能性もあります。アナフィラキシーショックにはさまざまな症状がありますが、中でも心肺停止が起こり死に至るケースは、2回目に刺された人よりも1回目に刺された人の方が起こりやすいというデータもあります。

ハチは家の庭や公園、広場、山などさまざまな場所に生息しており「悪さをしなければ刺されることはない」「まだ一度も刺されたことがないから大丈夫」と考える人も少なくないでしょう。しかし、体に取り込まれるハチ毒の成分量や個人の体質により、初めてであっても命を落とす危険性があるということを忘れず、ハチの多い場所は避ける、長袖長ズボンで行動するなどの対策をとることが重要です。

まとめ

今回は、ハチ刺されによって痛みにつながる理由や2回目以降のハチ刺されによって起こるアレルギー症状などについて詳しく解説しました。ハチに刺された痛みや腫れは、刺された際に体内に取り込まれるハチ毒が原因となって起こるものです。ハチ毒には痛みを引き起こすヒスタミンなどの成分が含まれており、その成分によって1日~2日ほどの症状が続きます。また、ハチ毒が体内に回ることでアレルギーを発症すると、2回目以降に刺された場合にアナフィラキシーショックなどの症状が出やすいです。ただし、ハチ刺されによって取り込まれるハチ毒の成分量によっては、初めてであっても心肺停止が起こる可能性もあります。回数に囚われず、ハチの多い場所を利用する際は充分に注意を払いましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめハチ駆除業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名ハチバスターズ町のハチ駆除名人ハチお助け本舗ハチ110番みんなのハチ駆除屋さん
対応時間すべて自社対応だからリーズナブル!365日受付明朗会計で安心!見積り成約率90%以上の信頼駆除実績4万件以上!最短10分で駆除可能で安心年間210万件以上の駆除実績!24時間体制で受付中累計問い合わせ件数7万件以上!圧倒的な技術力
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく