ハチの被害にあっている人必見!おすすめのハチ駆除業者と口コミや評判を徹底比較!

ハチに刺されたらどんな症状が出る?刺された直後にできること

公開日:2022/12/15  最終更新日:2022/11/04

ハチは自宅の庭や公園などでも見かけることが多いです。ハチに刺されると痛みが出る、腫れるなどのイメージがありますが、刺された回数や体質によっては呼吸困難や心肺停止を引き起こすケースもあるため注意が必要です。今回は、ハチに刺された場合に出る具体的な症状とアレルギー、ハチに刺された際の具体的な対処法も詳しく解説します。

ハチに刺されたらどんな症状が出る?

ハチに刺された場合、どのような症状が出るのでしょうか?ここでは、ハチに刺された際に見られる一般的な症状と、アレルギー反応が出た場合に分けて詳しく解説します。

人間を刺すハチの代表例は2種類

ハチにはさまざまな種類がありますが、人間が刺されるハチの代表例はアシナガバチとスズメバチです。アシナガバチ、スズメバチに刺された経験がある人は、農作業や自宅の庭の手入れ、山でのピクニック・ハイキングなどをしている最中に刺されてしまったケースがほとんどです。

とくに秋になると「ハチに刺された」と被害を訴える人が増える傾向にあるため、涼しくなって出かけやすくなりますが、ハチの多い場所は避けるなどの対策が必要となります。

ハチに刺されたときの症状

ハチに刺されると、刺された部分が赤く腫れ上がり、痛みや痒みが発生します。これらの症状はハチの持つハチ毒によるものであり、ハチに刺された経験がなく初めての場合には、1~2日程度で症状がなくなるケースがほとんどです。

しかし、2回目以降は一度ハチ毒を体内に入れたことによるアレルギー反応が起こるため、刺された部分の赤みや腫れが時間の経過とともに強くなったり、全身に蕁麻疹が発生したりすることもあります。

アレルギーがある場合は命に関わるケースも

ハチに刺されるのが2回目以降でハチ毒に対するアレルギー反応が強く出る人の場合、ハチ刺されによって命に関わるケースもあります。ハチ毒は刺されたときから15分以内にアレルギー反応を起こす即効性の強いものですが、アレルギー反応の出現が早ければ早いほど重症化しやすいです。アレルギー反応が強く出るとアナフィラキシーショックを起こすケースもあり、その場合は刺されてから15分ほどで心肺停止が起こるとされています。

また、ハチ毒アレルギーがある人の場合、刺された人の1~2割程度が全身の蕁麻疹や呼吸困難、嘔吐などの症状を発症することが分かっています。小さな子どもの場合は重症化する確率は非常に低いものの、2回目以降はやはりアレルギー反応が出る可能性も否定できません。

さらに、山奥などで刺された場合は、処置を施すまでに時間がかかるケースもあるため、ハイキングや登山に出かける際には充分に注意・対策をしましょう。

初めて刺された場合にも死に至る可能性がある

ここまでハチ毒のアレルギーは2回目以降に刺された場合に出現すると記載していますが、非常にまれではあるものの、大量のハチ毒を取り込んだ場合、初めて刺された場合にもアレルギー同様の症状を引き起こすケースも報告されています。アレルギー反応にはさまざまな症状があるものの、心肺停止のみに焦点を当てた場合、2回目以降よりも初めて刺された人のほうが症例が多いともいわれています。これまでハチに刺された経験がない人も油断せず、充分に注意して行動することが重要です。

刺されたらどう対処すべき?

ハチに刺された場合「この薬を飲めば大丈夫」というような解毒剤はありません。それでは、具体的にどのように対処したらよいのでしょうか?ここでは、ハチに刺された際の対処法をご紹介します。

刺された部分を水で流す

ハチ毒は水に溶け出す性質があるため、患部を流水で洗い流しましょう。ハチ毒が体に回ることを防いだり、患部の腫れや赤みを抑えたりするといった効果も期待できます。水さえあればすぐにできる応急処置であるため、万が一に備えて覚えておきましょう。

ハリを抜く

ミツバチに刺された場合、刺された部分にハリが刺さったままになるケースもあります。素手で抜こうとするとさらに奥へ刺さってしまう可能性もあるため、ピンセットを使用するのがおすすめです。ピンセットが用意できない場合には、カードなどのしっかりした薄い素材で払い落とすようにするのが効果的です。

ハリを抜いたら患部を摘み、絞るようにして毒を流します。口で吸い出すと患部の毒を取り込んでしまう可能性があるため、必ず指で行いましょう。

ステロイド軟膏を塗る

市販の抗ヒスタミン系の軟膏を塗ることで、患部の腫れ・炎症を抑えてくれます。また、軟膏を塗ったら保冷剤などで患部を冷やすのもおすすめです。

医療機関を受診する

アレルギー症状が強く出た場合は、迷わず医療機関を受診しましょう。全身症状が出た場合には内科や外科、アレルギー科を、皮膚のかゆみや痛みが続く場合には皮膚科を受診してください。

初めて刺された人も命の危険があるので早めに病院へ!

ハチにはハチ毒があり、刺されると患部の腫れや痛み・かゆみを引き起こします。ハチ刺されが初めてであれば1日程度で症状が引くものの、2回目以降の場合はアレルギー反応を引き起こすケースもあります。最悪の場合は死に至ることもあるため、ハイキングや庭の手入れなどを行う際には充分に注意しましょう。

まとめ

今回の記事では、ハチに刺されたらどんな症状が出るか、また刺された直後にできることを紹介しました。ハチに刺されてしまった場合は、刺された部分を水で流す、ハリを抜いて毒を絞るなどが効果的です。ハチに刺されないよう注意しつつ、正しい知識と対処法を身につけましょう。この記事を参考に、ハチに刺されたら上手に対処しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめハチ駆除業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名ハチバスターズ町のハチ駆除名人ハチお助け本舗ハチ110番みんなのハチ駆除屋さん
対応時間すべて自社対応だからリーズナブル!365日受付明朗会計で安心!見積り成約率90%以上の信頼駆除実績4万件以上!最短10分で駆除可能で安心年間210万件以上の駆除実績!24時間体制で受付中累計問い合わせ件数7万件以上!圧倒的な技術力
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく